《 試合に関する Q&A 》

試合時の服装について

岡崎テニス協会のローカルルールは何ですか?


【岡崎テニス協会 ローカルルール】

  • 長袖、長ズボン、ウォームアップスーツの着用は可能です。
  • 色、ロゴの既定はありません。
  • 感染症対策として、フェイスマスクを着用して試合に出場することが可能です。また、試合中は自主判断で外すことも可能です。なお、会場内では常にマスクを着用してください。
  • 上記内の服装であっても、レフェリーにより不適切と判断された場合は禁止される場合があります。(例:他競技の服装 等)
(※ 試合時の服装は、(公財)日本テニス協会 競技規則 に定められた服装で出場してください。ただし、一部においては、上記のローカルルールを定めています)




(公財)日本テニス協会 競技規則 に定められた服装とは何ですか?


【JTA テニスルールブック 2021 】(P147)より抜粋  プレーヤーは、清潔でプレーにふさわしいと認められたテニスウェアを着用しなければならない。  テニスウエアとは、男子の場合、シャツとショーツ、女子の場合、ワンピース、またはシャツとスコートまたはショーツとする。 ① 着用出来ない服装 テニスに不適切なTシャツ、ランニングシャツ、ランニングパンツ、ジーンズ、その他の不適切なウエアは、ウォームアップ中でも着用はできない。 ② プレーヤーはコート面を傷めたり、汚したりするおそれのない、テニス専用シューズを履かなければならない。





セルフジャッジについて

セカンドサーブからのインプレー中、コート上にあるファーストサービスがフォールトだったボールに触れたら、失点になりますか?


このボールは触れても大丈夫です。失点にはなりません。 ただし、ボールを除けたり誤って蹴飛ばした場合に、相手プレーヤー・チームがプレーに集中出来ず妨害されたと判断した場合は、「レット」をコールすることができます。 ※相手が「レット」をコールした場合、1回目はポイントのやり直し、2回目以降は、その度に相手への故意の妨害となり失点になります。




インプレー中に私自身が帽子を落としました。私が「レット」をかけましたが、それで良かったですか?


「レット」のコールは、落とし物をしたプレーヤー・チームがコールすることはできません。相手プレーヤー・チームがプレーに集中出来ず妨害を受けたと判断した場合に限りコールできます。相手が「レット」をコールして止めなかったら、プレーを続けてください。 ※相手が「レット」をコールした場合、1回目はポイントのやり直し、2回目以降は、その度に相手への故意の妨害となり失点になります。




インだったボールを「アウト」とコールしてしまったのですが、直ぐに間違いに気づき訂正しました。この場合はどうなるのですか?


ミスジャッジを直ちに訂正した場合は、1回目は故意ではない妨害としてポイントのやりなおし(レット)になります。ただし、明らかなウイニングショットまたはエースだった場合は、ミスジャッジをしたプレーヤー・チームの失点となります。そして、2回目以降は故意に妨害したとして失点となります。 ※1回目のミスジャッジの訂正が、相手のエースで失点になっていても、1回目とカウントし、それ以降も失点になります。




隣のコートからボールが転がってきた時、コートのどのあたりまで入ってきたらプレーを止められますか?


距離で考えるのではなく、侵入してきたボールに気づいて、プレーを妨害されたと認識した時に、すぐに「レット」をコールします。ファーストサービスからのやり直しになります。




スコアが分からなくなってしまった時はどうしたらいいですか?


まず、双方のプレーヤーが合意できるスコアまでさかのぼってください。そして、それ以降のプレーで双方が合意できるポイントを足してください。合意できなかったポイントは取り消されます。 ゲームスコアが分からなくなった時も同様です。 そして、そのスコアに準じたエンドとサーバーで、試合を再開してください。